ムダ毛の処理には根負けします

「ムダ毛を処理するのは本当に面倒くさいな〜」と、どんなに前向きに考えようとしても思うのです。わたしは本来全てのことを前向きに考えるようにしているのですが、ムダ毛のことは前向きな気持ちで考えられなくなってきました。

 

 

 

それはなぜかと言えば、やはり何をしてもどういうムダ毛処理方法をしてもムダ毛の本数は基本的に減らないからです。脱毛ワックスをしても、毛抜きを使って隙間時間にムダ毛を抜いても、カミソリで剃っても、何をしてもムダ毛の本数に変化はありません。指のムダ毛なんてわたしはそれを意識した時から今日にいたるまで本数が全く変わっていません。

 

 

 

毛穴があって、その毛穴の奥で毛根が元気に生きているうちは、毛抜きで何度引き抜こうがどんどん伸びてくるわけです。毛根が生きている間はムダ毛と嫌々ながらも付き合っていかなければならないと思っています。自分の身体の毛穴から出てくる毛にうんざりしてもはじまりません。

 

 

 

そんなことを思いながら毎日過ごしています。そろそろ脱毛を専門とする場所へ行ってサービスを受けようかななんて考えることもありますが、自分の身体の問題ですから、自分で出来るところまで自分で頑張ってみようかと思っているところです。