ムダ毛処理が面倒になる夏

私は一年中ムダ毛処理をしてます。
服を着込む冬でも毎日欠かさず腕のムダ毛だけは剃っており、今では面倒くささもあまり感じなくなりました。日常的な行動のひとつとして捉えてます。
ただ、ムダ毛がきれいに処理できる時とそうでない時があり、そこにもどかしさを感じています。
特に汗を大量にかく夏。
毛穴という毛穴から汗が吹き出し、それが私のムダ毛処理を邪魔します。
汗をかくとシェーバーの動きが鈍るのです。さらさらした肌ならシェーバーもスーッと滑るのに、汗をかいた肌だと途中でつっかかってしまいます。
シェーバーがなめらかに動かないためにムダ毛をうまく剃ることができず、毛の生えた部分に何度シェーバーをあてる羽目になります。
だから私は夏にムダ毛処理をする時、冷房をつけるか汗を拭きとって肌をさらさらにするシートを使ってます。
とにかく汗をどうにかしたいので、汗をひかせるための手段をとっているのです。
でも、そう考えると夏のムダ毛処理は本当に面倒で、コストも時間もかかって嫌です。効率の悪さだけが先行して、ただでさえ暑さでイライラするというのに、ムダ毛処理でもイライラしてしまいます。
ただ、年齢を重ねていくとムダ毛を気にしなくなるというのも事実。加齢と共に自分の身の回りのことに無頓着になり、ムダ毛処理も適当になり、意外と気楽かもしれません。